草刈をして植物に栄養を与える|機械と業者の利用

放置すると大変

チェーンソー

森林に降った雨は、貯蓄されて川へゆっくりと流されていきます。また、二酸化炭素を吸収し、温暖化を加速させない環境活動を行っています。森林では、こうした役割を毎日行なっているため我々が受ける恩恵は計り知れないでしょう。そのような森林を守るためにも、間伐は欠かせない作業になります。

苗木を森林に沢山植え込むと、大きくなった時に大混雑してしまいます。空間に余裕がなくなるため、木の成長を妨げる恐れがあるでしょう。隣同士の枝や葉が重なると、イキイキと育つことができなくなりますから元気がどんどんなくなってしまいます。間伐で一部の木々を刈れば、枝と葉を広げられるようになるため、より多くの光を浴びながら成長することができます。ただこの作業は、非常に重労働になるため放置するケースが後を絶ちません。近年は、間伐をする業者も現れ、値段は少々かかるものの木の健康と環境を考慮すれば安いものでしょう。また、間伐をせずにいると二酸化炭素の吸収率が下がり、CO2の排出ができなくなります。最終的に光が全く差し込んでこないと土地が激やせし、下草も生えなくなりますから根を張ることが難しくなります。こうなってしまうと自然災害が行った時に大変な思いをするかもしれません。専門業者では、間伐に関する知識をより深く持っており、どうしたら木や環境のために改善できるかを提案してくれます。間伐が必要な箇所がある場合は、まず業者へ相談をして検討しましょう。